このエントリーをはてなブックマークに追加
転職面接のために用意した志望理由

私の場合、父親が会社で面接をする立場にある人だったので

★56歳 男性

私の場合、父親が会社で面接をする立場にある人だったので、面接の際の必要なポイントを聞く事が出来ました。
面接の際のポイントを知っているのと知らないのとでは、私自信気持ち的に不安もあり、まして面接の時に相手の質問に対する答え方と言う姿勢も分からなかったでしょう。
まず大切な事は、面接に来た動機や会社に対する思い入れ、だと言う事です。
父が感じる悪いパターンと言うのが、何の会社でどんな事業をしているのかさっぱり分からないのに、面接を受けに来る人らしいです。
そのくせ、もっともらしくしっかり答えようとするので、「こいつは口先だけの人間だな」と価値を下げてしまうようです。

何でも自信たっぷりのふりをして答える事よりも、素直に答える事も大切なようです。
相手は私の人間性を見ようとしているのだから、「どうぞ、ありのままの私を見てください」と言う姿勢も、案外好評価になるようです。

まずは、受けに行く会社に対して事前に調べておく事、気負わず自分を大きく見せようとしない事、団体生活の協調性がある事、などが重要である、と考えます。なので、私がこの会社に入ったら何をしてみたい、という具体的な内容を言えるように努めています。

Copyright (C)2017転職面接のために用意した志望理由.All rights reserved.