このエントリーをはてなブックマークに追加
転職面接のために用意した志望理由

転職面接のありきたりの志望動機

★58歳 男性

転職面接のありきたりの志望動機。面接先の会社の将来性や、自分の希望する職種とマッチする整合性など、志望動機とすることが出来ます。
しかし、ウソの志望動機を書いても、すぐにばれてしまいます。
入社前に、希望先の企業の実情が分かるわけもありません。月並みな志望動機より、面接官の心をくすぐる志望動機を考えることが必要です。
そのためには、会社の実情や業界の動向を調べることが必要です。

業界が縮小や衰退している業界は、志望動機に将来性が期待できるなどを述べることはできません。技術力や創造性があるなどを書くことは、業種によって当てはまりません。飲食業やホテルなど、接客やサービスを行う企業に技術力などは、関係ありません。
転職面接のために用意する志望動機は、面接先の業種にあった言葉を選択する必要があります。食料品を販売する会社やレストランなどの場合には、将来への成長戦略のビジョンがしっかりしていることなどを述べることや、持ち上げることがポイントです。

お役立ち情報

Copyright (C)2017転職面接のために用意した志望理由.All rights reserved.