このエントリーをはてなブックマークに追加
転職面接のために用意した志望理由

転職面接は

★52歳 女性

転職面接は、書類審査をパスして希望の会社の人事担当のみならず、重役に自分をアピールする絶好の機会です。
ここで、見事就職が決まると思うと力も入ります。
面接の際に最も大切なのは準備です。
志望理由など、聞かれることが予想される質問については、予め用意しておく方が無難です。
例えば、転職の本当の理由が、前勤めていた会社が嫌になったからであったとしても、それをそのまま言ってしまえば、面接には不利になります。やはり、「自分なら御社に貢献できると思いました」くらいは言えるようにしたいものです。

問題は、この後です。
今のような答えをすると必ず、「具体的には、どのようにして弊社に貢献したいと考えていますか」という突っ込んだ質問が待っているからです。
その時に用意した答えが、「私は前職では若手への教育係をしていました。
具体的には実戦を想定したシミュレーションや、現場への同行指導、教育マニュアルの策定などです。
これらを通じて必ず若手を活性化させます」というものです。
見事転職に成功しました。

お役立ち情報

Copyright (C)2017転職面接のために用意した志望理由.All rights reserved.