このエントリーをはてなブックマークに追加
転職面接のために用意した志望理由

就職の面接というのは、ほとんど一発勝負です

★50歳 男性

就職の面接というのは、ほとんど一発勝負です。
履歴書よりも面接が大切というのは、新卒も転職組も一緒なのではないでしょうか。
自分は転職の面接でいつも用意しているのは、自分のブログなどの媒体です。
自分のことを知ってもらうためには、ブログはとても大切な資料にもなります。それと大切なのは、志望理由です。
転職する上での理由と言うのも絡めて、その会社の概要に沿った理由を述べることが大切だと思います。新しい会社ならば、経験を一緒に培っていきたいとか、会社が若いと言うことは、未知数の魅力がたくさんあるという感じで、理由を絡めて話をします。
問題は、その後の会話がどう発展するかだと思っています。まずつかみ、起承転結の起の部分です。
それを受けてどう会話を弾ませられるかが一番大切なので、ここがうまく噛み合っていれば、ほとんどの会社が採用してくれたように思います。
一番印象が強く、面接官にアピールできるのが、この会話を弾ませるという点でしょうか。これは営業先にも言えることで、まずはニーズを探り、ニッチの部分を踏まえながら、営業トークを活性させたものにする。コミュニケーション力で大切なことは、いかに相手に印象をつけるかと言うことに繋がります。

Copyright (C)2017転職面接のために用意した志望理由.All rights reserved.