このエントリーをはてなブックマークに追加
転職面接のために用意した志望理由

私が転職活動の時に面接で話した志望理由は

★37歳 男性

私が転職活動の時に面接で話した志望理由は、定番ですが、やりたい仕事がここにあるから、ということを伝えています。
志望理由を面接官に伝えて、どのように思われるのだろうかということを、いつも考えて面接に臨んでいるのですが、志望理由で採用の合否が決まることはないのかな、と思っています。それは、その企業を受験する転職求人者のほとんどが、志望理由の内容としてあまり差のつかない理由を言っていると思うので、志望理由を切り口として、その企業に入ったら自分はどんなことをしたいかや、そのためにこれまで色々な勉強をしてきて、資格も取りこれらの知識等をその企業に役立たせたい、というのが採用の合否で差が付き、面接でも是非とも用意しておきたい志望理由であると私は思いました。

志望理由には、過去の経験等によるキャリアとこれからこの企業で前向きに頑張っていくやる気度が伝われば、採用の合否が高くなると私は思いますので、しっかり志望理由を決めて頑張って欲しいと思いました。

Copyright (C)2017転職面接のために用意した志望理由.All rights reserved.