このエントリーをはてなブックマークに追加
転職面接のために用意した志望理由

前の会社を体調を崩して辞めてから

★44歳 女性

前の会社を体調を崩して辞めてから、次の仕事に就くのに有利にしたいと、医療事務の資格を取りました。
けれど、その直後、医療事務のシステムがコンピューター中心になったため、手書きレセプト作成を学んだ私は、思い切って医療機関に転職する勇気がありませんでした。

ある時、ふと目に留まったのが念珠づくりの仕事でした。
正社員である上に、コツコツと念珠を作る仕事は、ルーティンワークが苦にならない自分には、最適な仕事のように思えました。
問題は、その時点で前の会社を辞めてからのブランクが3年になっていたことです。

そこで、転職のための面接に用意した志望理由は、念珠を通して人々の心に希望を与えたい、救いを与えたいというものでした。
実際には、こちらも面接まで進むことができず、志望理由を採用担当者の前で話す機会はありませんでしたが、今でも念珠を作るような仕事があれば、また応募してみたいと思うくらい、心のよりどころとなるものを作る仕事に憧れました。

お役立ち情報

Copyright (C)2017転職面接のために用意した志望理由.All rights reserved.