このエントリーをはてなブックマークに追加
転職面接のために用意した志望理由

大学を卒業して、名の知れた某メーカーに就職しました

★48歳 女性

大学を卒業して、名の知れた某メーカーに就職しました。

でも、思っていた仕事と違っていて、2年で転職しました。

転職先は無名の小さなソフトウェア開発会社でした。
何故ソフト会社に転職したかと言うと、メーカーの仕事でパソコンを使っていて、これは便利で面白いと思い、これからはパソコンの時代が来ると感じたからです。
面接の時も、志望理由にパソコンが好きでたまらない、毎日でも触っていたい、近い将来、一家に1台パソコンの時代が来るから、ソフト開発の仕事がしたいと思ったと伝えました。

当時は、大手企業がボチボチとパソコンを導入し始めた頃でした。
中小にはワープロ機しか無い様な時代です。
勿論、一般家庭には、パソコンなんてまず無かったでしょう。そんな頃に、一家に1台なんて、面接で言ったものだから、最初は笑われたけれど、パソコンが好きな事とヤル気と熱意が買われて、就職することが出来ました。

ソフト開発の経験なんて全く無かったので、本来ならもう少し真面目な志望理由を言うべき所でしょうが、その時は無我夢中でそんな言葉しか思いつきませんでした。

でも、結局は当時私が言ってた通り、一家に1台の時代がすぐにやって来ました。

Copyright (C)2017転職面接のために用意した志望理由.All rights reserved.