このエントリーをはてなブックマークに追加
転職面接のために用意した志望理由

面接の時に必ず聞かれるのが志望理由です

★39歳 女性

面接の時に必ず聞かれるのが志望理由です。

私の友人は、会社の営業の仕事をしていたのですが、人間関係などに疲れて転職をすることにしたそうです。
そのために、しばらくは営業の仕事と転職先で必要となる資格取得の勉強を並行で行っていて、一時期は本当に忙しくて、精神的にも肉体的にも大変だったそうです。

彼が取得したのは介護関連の資格で、これから高齢化社会で介護の分野なら、失職の不安も少ないだろうと思ったのが本当の理由だったようです。
ですが、そんなことを転職面接の時に言おうものなら、落とされることは間違いありません。
そこで彼が用意した志望理由というのが、親の介護が必要になって、その経験を元に介護の重要性を感じたというものでした。
ですが、彼のご両親はまだまだ若く、介護が必要になる程の怪我も病気も一度もしたことがないそうで、自分の方が不健康だと思う程お元気だそうです。
ですが、転職成功のために心の中で「ごめんなさい」と謝りつつ、転職面接を受けて志望動機として答えたそうです。

その結果、採用されたけれども、やはり後味が悪いそうです。
だから、この親不孝は一生懸命働くこと、何十年後かに本当に介護が必要になった時に償うつもりだと、頑張っています。

Copyright (C)2017転職面接のために用意した志望理由.All rights reserved.